レーシックの後遺症は決して長期的ではない

レーシックによって視力が再び低下してしまうなどということは極めて稀なこととなります。
もし視力が低下してしまっても、角膜の厚みがまだ十分に残っている状態でしたら、再度レーシックの手術を受けることが出来るのです。

 

視力の低下は、近視の程度が酷いと、可能性が高くなってくる後遺症となります。
なので事前の検査である程度のレーシックのリスクを理解しておきましょう。
メガネ等を使っている人の多くは裸眼で周囲が見えるようになることに大きな期待と不安を持っていることでしょう。
レーシックで視力を取り戻した人の多くは驚きの声を隠すことが出来ないほど喜びに満ちているのです。 レーシックの手術を実施したことによって生じる後遺症として有名なものに、「目が充血する」「目がしみる」というものが挙げられます。
手術直後の一時的なものとなっており、長くても一週間程度で落ち着くものですので、そこまで心配をする必要はありません。

 



レーシックの後遺症は決して長期的ではないブログ:21/03/08

(#`・Д・´)v<こんにち月火水木金〜!!!

子どもたちが休みに入ると、親は大変ですよねー。

太郎と遊びに行く計画とかも何かと立てていかないと
いけないし。

おとなしく過ごそうと思っていても、そうはいかないこともある。

ステップボーイを一緒にやろうかなーって思っているけど、
岩盤浴はしばらく休憩。

腰回しは絶対欠かしませんけどね♪


そいえば1週間から友達がニューカレドニアに行くんだよって
子どもがうらやましがっていたけど、それは親にもうらやましい話(笑)

海外・・・無縁だわー。

難波に行って、牛丼(ねぎぬき)を食べるくらいが贅沢!?

旦那様のお小遣いを限界まで減らし、節約をしながら・・・
PREEやダイエットシェイク チョコレート味を買う。

これは密かな楽しみですけどねー(笑)

昼くらいから、映画でも連れて行かないとねーって
友達と話していたけど、本当になるべくお金のかからないことを
考えていたりしますよね。

友達の旦那さんはあん摩マッサージ指圧師の勉強中だから、休みの日も
なるべく邪魔をしないようにしているとかで、それぞれみんな
何かと大変です。

2KG太ったなんて、背中を見せつけるうちの
旦那さんなんて、ゴロゴロしているだけだけど。

大きくなるのは良いけど、たまには鏡見たら?って言ってる
んだけどね。

あんまり気にしていないみたい。

カッコ良いおじ様になろうとは思わないものかしら・・・。

たまには子どもと遊びに出かけて、汗かいてこーいって
声を大にしていいたいところです。